絶対に成功したいビジネスがあるのなら必ず読む本

ビジネスを成功させたい社長が集客ノウハウ、広告ノウハウ、人心掌握ノウハウのスキルを習得する時に読むべき本

スポンサードリンク

あなたが住んでいる近くに新しい競合店ができた時にとる方法

f:id:taka0522san:20190130092450j:image

“酸素カプセル”を設備した

新しい整骨院が近くにできたのです。

 

しかも、その整骨院のは、

最新の酸素カプセルで

店舗も広く、新しく、綺麗です。

 

スタッフも若い人をたくさん雇っていて、

回転率を重視しているため、施術料が安い、、、

 

そのせいで、お客のほとんどは

その整骨院に取られてしまいました。

 

 

・・・

・・・

・・・

 

さて、あなたならどうしますか?

どうやって、競合からお客を取り返しますか?

どうやって新規のお客を獲得しますか?

 

駅前で、ティッシュを配って

宣伝しますか?

 

ホームページを検索してもらって、

相手が見つけてくれるのを待ちますか?

 

 

どちらもあまり有効な方法では

ないと感じますよね?

 

今日はその時の解決策を、

人間心理をセールスに

応用する方法を教えてくれる

 

「クロージングの心理技術」から

↓↓

クロージングの心理技術21

 

=================

お客に“前もって”

競合が話しそうなことを

伝えておくことと、

 

競合の宣伝に反論して

その影響力を“弱める”ことのできる

材料を提供することだ。

=================

 

とあります。

 

つまり、お客さんが”自分で良し悪しを判断できる”ように

適切な知識を与えれば良いのです。

 

さて、

では、「整骨院」の経営者であるあなたは、

お客さんにどのようなことを

“前もって”伝えておけば良いでしょうか?

f:id:taka0522san:20190130092512j:image

 

例えば、、、

 

=================

 

近所の整骨院では、うちよりも

1000円安く施術を受けることができます。

 

しかも、

「最近できたばかりなので、待ち時間なく

すぐに施術を受けることができます」

と言うかもしれません。

 

でも彼らは、

「それほど安く、スムーズに施術を

受けられるのは、資格を持っていない

学生アルバイトをたくさん雇っているからだ」

とは言いませんよね。

 

施術している学生アルバイトの中には、

まだ経験がほとんどない素人もいます。

 

でもそれは仕方がありません。

本当にお客さんの身体のケアを考えた

一流の施術ができるようになるまでには、

 

教育のための大量のお金と

時間が必要ですから…

 

=================

 

ここでのポイントは、

競合のダメ出しばかりを言ってはいけないことです。

 

「でもそれは仕方のないことです。」

と競合をフォローしてあげてください。

 

するとお客は、あなたが正直者で、

自分のことを真剣に考えてくれていると感じ、

 

あなたの方に来てもいいかなと

考える隙間が生まれるわけです。

 

お客さんからしてみたら

自分のことをしっかり考えてくれる方に

心が動くのは当然ですよね。

 

もちろんやり方を間違うと

反感を買うので慎重に…

 

 

こういったちょっと対処が難しいことが起きた時に

適切な対処ができるようになるセールステクニックを

21個紹介しています。

 

よかったらこちらからチェックしてみてください。 ↓


クロージングの心理技術21