絶対に成功したいビジネスがあるのなら必ず読む本

ビジネスを成功させたい社長が集客ノウハウ、広告ノウハウ、人心掌握ノウハウのスキルを習得する時に読むべき本

スポンサードリンク

アフィリエイトで稼ぐために~初心者や稼げない人に絶対これだけはやれ!と伝えたい事

f:id:taka0522san:20190124222046j:imagef:id:taka0522san:20190124222054j:image

アフィリエイトで稼ぐようになって、かれこれ10年以上がたちました。

 

その収入は、月によって多少変動しますが、Amazon・楽天・その他ASP、そしてグーグルアドセンス(この記事ではアドセンスもアフィリエイトに含めてお話します)など、合わせて月80万円前後の収入になっています。

 

 

思えばいろんな失敗がありました。ひとりよがりの誰も来ないサイトを作ってしまったり、役に立たない情報商材に何万円も払ったり・・・。

 

 

もしタイムマシンに乗って、これからアフィリエイトを始める自分、あるいは稼げなくて悩んでいた頃の自分に会いに行くとしたら、「アフィリエイトで成功するためにこれは絶対に伝えたい」と思うことがいくつかあります。

 

今回は、それをまとめてみようと思います。

これからアフィリエイトを始める初心者の方や、うまく稼げないで悩んでいる方の参考になれば幸いです!

 

検索結果の上位に長く居座るページを作る

アフィリエイトは、サイトやブログに人が来て、そこにある広告をクリックされたり、商品に興味を持って購入されたりすることで報酬が出るものです。

 

だから、人が来なければ話になりません。基本的にはたくさん来れば来るほど(アクセス数が多ければ多いほど)いいです。

 

どのぐらい人が来るかは、検索エンジンの検索順位によって大きく変わります。

 

以下のグラフは、それぞれの検索順位でクリック(タップ)される確率を、アメリカのSEO Clarityという会社が分析した結果です。

 

1位のクリック率が高くて、そのあとどんどん落ちていきますよね。やっぱり、まず1位を見てみようっていう人が多いんですねぇ。

 

 

特にスマホ+ガラケーの場合、1位が27.7%、2位が9.2%と、じつに3倍もの開きがあるんですね!アクセス数が3倍も違うということです。

1位と10位なんて、約10倍の差があります。

3位(3.9%)が4位(6.7%)・5位(4.8%)に負けてるのは謎ですが。スマホ画面の大きさやスクロールの問題でしょうか。3位の人かわいそう・・・。

 

 

まあとにかく、検索順位というのはこれだけアクセス数を変えてしまうわけですね。

アフィリエイトでたくさん稼ぐためには、検索結果の上位に長く居座るようなページを作るのが有効なのです。

 

 

では、検索結果の上位に居座るページとは、一体どんなページなのでしょうか?

 

 

検索エンジンは常に「需要のあるページ」を探している

 

検索エンジンは、そのページの訪問者がどんな動きをしているのか、よーく観察しています。

・「このページには、今日〇時〇分に、□□というIPアドレスの人が、△分△秒滞在した」
・「今日1日で〇人の人が来て、その平均滞在時間が△分△秒だった」

などなど、私たちの目には見えないところまで、検索エンジンには見えているんですね。

 

例えば、そのページの内容がしょぼくて、訪問者が「内容が無いよう」といって3秒で帰ってしまったら・・・。

 

検索エンジンは「たった3秒で帰っちゃうなんて、よほど内容が無かったんだろうなぁ」と判断します。

 

すると検索エンジンは、そのページの検索順位を下げてきます。もし人の役に立たないページを上位に表示させておいたら、ユーザーに「こんなダメなページを上位に表示するなんて・・・この検索エンジン使えないな」と思われ、信頼を失うことになるからです。

 

検索エンジンにとって、需要の無いページは危険な存在なのです。

 

だから検索エンジンは常に「需要のあるページ」を探しています。そして、より需要のある順に1位、2位、3位・・・と並べようとしているのです。

 

というわけで、検索結果の上位に居座るページを作るには、「需要のあるページ」を作ればいいということになります。

 

何か分からなくて困っていたり、面白いものを探していたり。そんな人の需要にきちんと答えるページを作れば、人はちゃんと見てくれます。自然と滞在時間も長くなるでしょう。

 

 

検索エンジンはそんな人々の動きを観察して「どうやらこのページには需要があるらしい!」と判断し、少しずつ検索順位を上げていきます。するとクリック率も上がり、人がたくさん来るようになります。人がたくさん来れば、それに比例して収入もあがるわけです。

さて、そうなると次の問題は“どうやって”需要のあるページを作るかです。

 

「まとめ系記事」がおすすめの理由

 

需要のあるページの一つに、まとめ系記事があります。

 

まとめ系記事とは、何か一つのテーマに関する情報をまとめた記事です。例えば、「ニキビを治す12の方法」とか。ニキビを治す方法を1つだけではなく、全部まとめて紹介するんですね。

まとめ系記事は、アフィリエイトで稼ぐのに向いています。その理由は、主に4つあります。

 

 

 

理由(1) 誰でも需要のあるページを作りやすい

 

 

これだけ情報のあふれた世の中になると、自分がほしい情報を見つけ出すには手間も時間もかかって大変です。

もしそこにまとめられた情報があれば、それ以上自分で探す手間と時間をはぶくことができます。

そのテーマに関する情報を集め、整理し、読む人に分かりやすい文章でまとめればOKですから、特別なスキルや経験がなくても作れるんですね。

 

 

理由(2) ボリュームが出やすい

 

 

まとめ系記事は、基本的に多くの情報をのせることになるので、記事にボリュームが出やすいです。

ボリュームのある記事を読むには時間がかかるので、滞在時間が長くなります。すると検索エンジンは「このページには人が時間をかけて見るだけの価値があるらしい!」と判断するので、検索順位が上がりやすくなります。

 

理由(3) “保存”や”拡散”という行動が起きやすい

 

 

まとめ系記事はボリュームがあるため、「一度に全部読むのは大変だな」とか「あとでじっくり読もう」と考える人も出てきます。そういう人は、とりあえずお気に入りに入れておいたり、ブックマークしておいたりという行動を起こしやすいです。

また、「このページを人に教えたら喜ばれるかも」ということで、ツイッターやフェイスブックで拡散する人が出てきます。

すると、そのページにはあらゆる場所から人がやってくることになります。お気に入りから飛んできたり、ブックマークから飛んできたり、ツイッターやフェイスブックから飛んできたり。

 

人が様々な場所からやってくる様子を、やはり検索エンジンは見ています。そして「だいぶ注目されてるページらしいから、順位を上げておいたほうがいいかな」となり、順位が上がりやすくなります。

 

理由(4) ネタが尽きない

 

まとめ系記事というのは、要は世の中の人々が知りたいと思っていることをまとめればいいわけです。人々の知りたいことなんて無限にあります。

例えば、以下のサイトには人が知りたいと思っていることが「これでもか!」というぐらい集まっています。ネタを考える際の参考になるので、有効に使ってください。

 

読む人に伝わる文章を書く

 

まとめ系記事を作るときに、絶対欠かせないのが文章力です。

もうちょっと正確にいうと、読む人にとって分かりやすい文章を書く力、ですね。

人は自分の悩みや欲求を満たすために来るわけです。

 

それなのに、何がいいたいのかよく分からない理解不能な文章を読まされたら、自分の悩みは解決できないわ、時間と労力を無駄にするわで、イライラしてしまいます。

 

 

最後まで読まずに帰ってしまい、もう二度と来てくれないかもしれません。

だから、分かりやすい文章を書く力は必須なのです。

 

じゃあ文章を書く才能のない人には無理なのか、というと、そんな大げさな話ではありません。

 

分かりやすい文章を書くために必要なのは、文法や文章の基礎知識です。基礎さえしっかり身についていれば、誰でも書けます。決してむずかしくないんですね。

 

 

基礎を身につけるには、プロの物書きが解説した本を読むのが一番手っ取り早いです。