ネットビジネス初心者が最短で稼ぐために必要な7つの成功法則

ネットビジネス成功者が実践している7つのテクニックをこっそりと公開しています。 稼ぐ為に必要な考え方を基本から解説しています。もう稼げない95%にいる事から脱却しませんか?しっかりと読み込んでいただければ稼げるようになることを確信しています。

スポンサードリンク

『【気ままにYouTube(ユーチューブ)】「第三者のコンテンツと一致しました」あなたの【動画】は使用できせん!YouTube規約変更が今後もたらすワナ!備えていますか?』

f:id:taka0522san:20170720154545j:plain

 

毎日動画を投稿していると 時にはトラブルにも見舞われます。

 

ですが対応策をきちんと 知っていれば焦らず対処できます

 

。 パニックにならずに落ち着いてくださいね。

 

それが 「第三者のコンテンツと一致しました」 という動画へのお知らせですね。

 

 

これは今の所チャンネル自体には特に影響もなく ペナルティではありません。

(ただし、これがそのうちグーグルによって何らかの ペナルティになる、という日が来てもおかしくはないです。)

 

ですがこのお知らせが来ると「ドキッ」とするのは確か 基本的にはそのまま動画は掲載しておけます。

 

特に問題はないような気もしますが リスクは減らそうという事で大体削除しています。

 

 

フリーのBGMなんかを使用していても 時には第三者のコンテンツと一致することがあります。

 

実際に私も商用利用可能な フリーBGMを使用しているにも関わらず 第三者のコンテンツと一致したとお知らせが来ました。

 

そういう場合は「異議の申し立て」もできます。 私の場合は 異議の申し立てをしてから承認されるまでの時間が 面倒だったのでBGMの差し替えを行いました。

 

ケースによっては異議申し立てをしたり 動画を削除しなくてもよい場合があります。

 

 

YouTube にはよく訳の分からない 著作権団体もいますので、色んなケースがありえます。 まったく問題のない動画でも著作権違反だと ペナルティをくらったり。

 

ペナルティや第三者のコンテンツと一致などの お知らせは登録しているGメールアドレスに 届きますので日々チェックしておくことをオススメします!

 

しかし、【特に問題ナシ】と言っても、 今後のユーチューブの状況を考え、出来得る対策を打つべきです。

 

 

 

第1章:第三者コンテンツの一致で引っ掛かる要素とは

 

第三者コンテンツ一致を排除する方法について 少し解説します。

 

●1つ目は、独自コンテンツを意識して ユーザービリティを高める事を意識する。

 

記事の引用や参考、画像の引用など全て 著作権、肖像権に関わってきます。 自分で撮影した動画や写真などを使用し、 独自コンテンツ色を高める事を意味します。

 

●2つ目は、とことんグレーな方法を追及し、 システムが厳しくなれば、それを乗り越える方法を考える人。

 

どちらの方法で動画を作成しようが、 基本的には、システムが判断するのは、

 

【画像】と【音】です。

 

 

尚、前述したように商用利用可能の音楽などを使おうとも、 YouTube 側はそんな事は知った話でもないし、 システム検知ですから警告が出るケースは多いです。

 

よく「フリー素材なのに」とグチをこぼす人がいるのですが それは、配布サイトと動画を作る人とのやり取りであり、 YouTube のサイト内では関係のないし、知らない事です。

 

同様の音楽があれば、警告を促すという仕様であればこそ これは関係なく表示されると言う事なのです。

 

これは、悪質な場合でも、悪質でない場合でも、関係ありません。

 

 

第2章:画像対策

 

映像で一番問題になるのは 「人の動画と一致する場合」です。

 

人の動画と全く同じ場合などによくあるのですが 基本的に YouTube はシステムで判別して、その後に、 さらに確認の必要性がある場合のみ人的に処理しているようです。

 

つまり、デジタル方式などで数秒単位で 被るとか被らないとかって感じのイメージですね。

 

画像での処理に関しては結構システム的に難しそうなので、 瞬時に判別は不可能と思います。 基本的には一回引っ掛かると、その動画は一旦そのまま削除して 新しくアップロードし直すようにしましょう。

 

資料やデーターなどと言ったりオリジナルを主張しようとも その動画が審査されて公開される保証もありません。

 続きはこちらから↓ 

mailzou.com